究極のパートナーシップの法則

スピリチュアルと現実を掛け合わせた観点から、男女のパートナーシップ・教育・健康・食・心理の点と点を線で結び、現実に生かしていく方法をお伝えします。

【 公開リーディング ( 読み解き )】夫の不倫再発 なぜ夫は産ませなかったのか?番外編

 

 

f:id:whiteplanet0403:20190601124058j:plain

 

 

こんにちは^^

 

世界のパートナーシップを循環に導く

角 一成です🌏✨

 

■   プロフィールはこちら

 

 

今回で3回目ですが、

【 公開リーディング( 読み解き )】

夫の不倫再発

なぜ夫は産ませなかったのか?

 

 

1回目は、「 不倫をされた側 」の女性の内面世界について

2回目は、「 不倫をする側 」の女性の内面世界について

読み解きをさせていただきました。

 

 

今回は「 番外編 」ということで

「 不倫する男性側 」からの読み解きを

書いていきたいと思います。

 

 

男性の本音・本心は?

一体どのような感情になっていたの?

 

 

これまでも

ブログでお伝えさせていただいて参りましたが、

 

 

この世界では、

女性は「 存在 」担当

男性は「 現象 」担当

 

 

ということで

男性は女性の現象ですから

 

 

どちら側の女性も

自分の内面世界の

「 本音・本心 」ではなく

「 思考 」を優先して行動している

という状態なのであれば、

 

 

その女性の現象として

引き合っている男性は、

 

 

その女性と同じように「 本音・本心 」は言えず

その女性が「 思考 」で認識していることを

〝 言ってしまう 〟んです。

 

 

男性だってね、

 

 

嘘偽りなく本心を言いたいのです。

 

 

でもなぜか

引き合っている女性パートナーには

 

 

言えなくなってしまう。

 

 

逃げてしまう。

 

 

まるで動かされているかのように…。

 

 

これ、僕が男性だからといって

男性陣を擁護しているわけではありません。

 

 

本当にそうなのです。

 

 

でもね、

 

 

女性が覚悟を決めて本当の自分に向き合い

自分が見ないようにしていた

「 自分の内面世界の闇 」に対しても

真摯に向き合った時、

 

 

男性も

正直に本音・本心を

〝 言ってしまう 〟

 

 

不倫相手の女性と

不倫を再発させたのはね、

 

 

子どもを堕させた罪悪感と

彼女への同情からです。

 

 

罪悪感も同情も

常識や道徳心を入れた「 思考 」の感覚であり、

それは「 本音・本心 」からの愛ではありません。

 

 

男性という生き物は

 

 

何か守るべきものが存在してこそ

自分の存在理由がある

と、どこかで認識しているもの。

 

 

いざという時に

最優先で守るべき存在こそが

 

 

その男性にとっての

〝 答え 〟なのです。

 

 

いくら不倫相手の彼女と一緒になりたい

といったような発言をしたとしてもね、

 

 

それまでの〝 行動 〟が伴っていなければ

その発言は本気ではない

 

 

ということです。

 

 

女性の心と体が限界な時

その男性は誰を守るか?

 

 

そんなこと受け入れたくないよ

という側の方も

いらっしゃるかとは思いますが

 

 

男性側から観る読み解きでは

これが答えなのです。

 

 

不倫相手の女性は

子どもを身ごもったわけですが

 

 

男性は産ませる

という選択をしなかった。

 

 

不倫相手の女性は

心も体も傷ついているわけですが

 

 

それを守る

という選択をしなかった。

 

 

男性はその時、

 

 

家族のもとに戻る

という選択をし

 

 

実は

彼なりの〝 答え 〟

〝 行動 〟で示していたのです。

 

 

特に奥様との子どもの存在は

彼にとって

非常に大きかったのだと思います。

 

 

奥様自身、

これまでの内面世界の「 思考である男性性 」では

〝 お子さんを中心にする生活 〟

を認識されていたようですから、

 

 

それと連動して

夫もまた

〝 奥様とのお子さんをとても大事に想う 〟

という認識のもと行動されている

ということですね。

 

 

彼にとっての守るべき存在

 

 

それがこの時

〝 奥様との子ども 〟

だったのです。

 

 

男性はね、

 

 

自分が本気で愛した人の子どもは

同じように本気で愛します。

 

 

もしも、

不倫相手の女性が

とことん自分自身を大事にして

 

 

ご自分の内面世界で

「 本音・本心である女性性 」

に従う

「 思考である男性性 」

であったならば、

 

 

身ごもったお子さんとともに

心地よくその男性に愛され、

彼女の世界では

産む選択が観られたかもしれません。

 

 

つまりは、

厳しいようですが

 

 

不倫相手の女性は

ご自分でご自分の本音・本心を大事に扱っていなかった

ということになるのです。

 

 

陰と陽から成るこの世界では

 

 

必ず自分とは反対側の思想や観点があります。

 

 

どちらが良い悪いではなく

どちらが正しい正しくないではなく

 

 

あくまでも 

〝 自分が善としている自分側の観点・視点 〟から

何を選択した結果

 

 

自分の目の前にこの現象が現れた

 

 

ということだけなのです。

 

 

もうね、

 

 

男性って

本当に女性の意識で動かされている。

 

 

僕自身、

自分の実体験を通して

それがよく分かりました。

 

 

こちらの男性は

どちらの現象としての自分を選ぶのか。

 

 

どちらの方の現象として

動かされていくのか。

 

 

それは

 

 

女性次第。

 

 

彼女のいない方や既婚者でもね

男性は、

 

 

自分の周波数( 意識 )が乱れた時

守るべきものがわからなくなった時

守るべきものにとっての自分の存在価値が分からなくなってブレた時

 

 

この世界の集合意識に巻き込まれ、

ゲーム、浮気、不倫などに走ることがあります。

( 彼女がいない方がすべて当てはまるというわけではありません。)

 

 

一緒にいるのにゲームばかりする

マスターベーションばかりする

癒しの場所を求めて風俗や浮気に走る

 

 

「 現象 」担当である男性は

自分が守りたいもの軸がブレた時、

自分の存在理由探しのために 

 

 

脳( 思考 )に刺激を与え

興奮させるという行動を

〝 とってしまう 〟んです。

 

 

男性は女性を守ることで

自分の存在を保っている生き物です。

 

 

生まれてから初めて守ろうとするのは

母親や育ててくれる女性

であることがほとんど。

 

 

それが過剰に映し出されると

マザコン

と言われてしまうのですが^^;

 

 

男性は女性を守りたいんですよね。

 

 

とにかく

その「 存在 」がいないと

「 現象 」している意味がない。

 

 

だからね、

そういう時って

 

 

無意識に

集合意識の「 現象 」になったりもするのです。

 

 

彼には

奥さんがいて

子どもがいて

〝 守るべき存在 〟がいたわけです。

 

 

男性の〝 守りたい 〟は

〝 愛 〟に繋がります。

 

 

なかなか信じがたいと思いますよ。

 

 

何年も不倫をしてきたわけですから。

 

 

でもね、

 

 

男性って無意識に

一緒に苦労も重ねて

成長させてくれる女性と

一緒になりたいものなんですよ。

 

 

たとえ

セックスレスになっていたとしてもね、

 

  

それでも

男性ってその女性を愛することができるんです。

 

 

彼は〝 わたし 〟に何をしてくれましたか?

 

彼は何を許してくれていましたか?

 

彼は何を生み出してくれましたか?

 

 

ぜひ、思い返してみてください。

 

 

男性って本当に不器用。

 

 

〝 一緒にいることも愛の表現  〟

って本気で思っていますから。

 

 

そしてね

 

 

男性だって

〝 孤独 〟が怖い。

 

 

〝 孤独 〟になりたくない。

 

 

自分の〝 存在理由 〟が欲しい。

 

 

孤独が嫌だから

結婚する。

 

孤独が嫌だから

パートナーに見放されたら

軸がブレて自分の存在できる場所を探す。

 

孤独が嫌だから

やっぱり家族と離れたくない。

 

 

この世界を変えられるのは

存在担当である「 女性 」だけです。

 

 

女性の内面世界が相思相愛になれば

男性も孤独から解放され

目の前の女性を愛し抜きます。

 

 

人間、

 

 

孤独になりたくないから

守って戦争して

 

孤独になりたくないから

みんなで楽しいことして

 

孤独になりたくないから

誰かと一緒にいたい。

 

 

みんな知っているんですよね

 

 

〝 孤独 〟がどれほど悲しいことか。

 

 

女性は

本気で自分に向き合って素直になって

 

男性は

本気でパートナーに向き合って謙虚になって

 

 

誰も悲しまない

そんな世の中にしていきたいですね。

 

 

〝 わたし 〟という存在に

本気になれますか?

 

 

 

 

 

 

 

✨単発セッションの詳細

 

f:id:whiteplanet0403:20190217192001j:plain

 

「 単発セッション✨ 」についての記事はこちら

https://www.tsumugu.life/entry/2019/02/17/171720

 


【 セッション形態 】

お電話 / Zoom / Skype

( スマートフォンでも対応可能です 。ご使用方法もご案内させていただけます。)       

 ※ お電話の場合は、セッション前に顔写真をメールで送っていただきます。 

 
【1回のセッション時間  】

90分

 

【 セッション日時 】

下記のお申し込みフォーム内に

ご希望の日時を第2希望まで

ご入力ください。

【 料金 】

  ¥22000                                

 

お申し込みはこちら
→ 
https://ssl.form-mailer.jp/fms/6354b383609885

 

※ お申し込み後に詳細メールを

送らせていただきます。

 

 

 

■  無料メルマガはこちら

 

現在は、【 宇宙種族 】についての

詳しい情報について

お届けさせていただいております^^

種族別の恋愛・夫婦・人間関係などの情報

今後お届け予定です ♪

あなたの実生活のお役に立てますように…

 

※ このメルマガは

スッテプメールなどは活用しておりません。

不定期でお届けさせていただいております。

また、バックナンバーは

ご覧いただけるようになっております^^

 

f:id:whiteplanet0403:20190117111123j:plain


 無料メルマガ登録

 

 

 

■  大好評 !!

本当の自分で生きられる

ご提供中の講座 はこちら

↓ ↓ ↓ ↓

✨最高の未来を逆算して生きる7つのプログラム Web【 霊視 】個別講座

 

f:id:whiteplanet0403:20190214170208j:plain

 

 

 

■ 「 anemone 」

2019年3月号

に掲載していただきました^^

 

f:id:whiteplanet0403:20190209223342j:plain

 


anemone (アネモネ) 2019年3月号 / ビオ・マガジン

 楽天

 


anemone(アネモネ)2019年3月号

 Amazon

 

 

 
 LINE@のお友達追加
 お待ちしております♪

 友だち追加

 ※ うまくいかない方は

@noe75761

検索してみてくださいね^^

 

Tsumugu( つむぐ )

角 一成( すみ かずなり )