究極のパートナーシップの法則

スピリチュアルと現実を掛け合わせた観点から、男女のパートナーシップ・教育・健康・食・心理の点と点を線で結び、現実に生かしていく方法をお伝えします。

セックスを断ったこと、ありますか?

 

 

f:id:whiteplanet0403:20181203203936j:plain

 

 

こんにちは^^

 

世界のパートナーシップを循環に導く

角 一成です🌏✨

 

■   プロフィールはこちら

 

 

今までパートナーからセッ クスを誘われた際に

断った経験はありますか?

 

 

断ったことがある

断ったことがない

誘われたことすら気付いていない

 

 

断られた経験

断った経験

両方ある方もいらしゃるかもしれませんね。

 

 

実は

今後の男女のパートナーシップにおいて

この断る断らないが

地球をも大変革させてしまうほどの

大きなエネルギーになることを

伝えられたら

あなたは信じられますか?

 

 

そんな大げさなこと…

 

 

実はあり得るんです。

 

 

そこで

現在、パートナーの女性( 奥さん )の言動に

ストレスを感じるよ、

という男性に質問です。

 

 

奥さんからのセッ クスのお誘いを

断った経験、ありますか?

 

 

・ 次の日仕事で朝早いから寝たい

・ 子どもを産んだあと女性として見れない

・ トラウマがありそんな気になれない

 

 

このような理由で断ったことがある男性は

多いのではないでしょうか?

 

 

セッ クスを断ることなんて

別に大したことじゃない

 

 

そんな風に思っているとしたら

 

 

致命傷。

 

 

実はこの言動こそが

夫婦関係あるいは男女関係の

大きな歪みになっていく。

 

 

女性側から男性に対して

セックスを誘うことが

どれだけのことなのか

 

 

ということを

男性は心して

理解する必要があるのです。

 

 

本来、受け取り側のエネルギーである女性が

本来、与える側のエネルギーである男性に対し

 

 

セッ クス = 愛を受け取りたい

と誘うことが

どれほどの想いと勇気、

そして覚悟なのかを。

 

 

女性としてみてもらえているのだろうか

 

愛してくれているのだろうか

 

愛のあるスキンシップをしてくれるだろうか

 

 

不安や羞恥心、

いろんな感情が渦巻きながらも

 

 

愛する男性に

自分を女性として愛して欲しい

と、勇気と覚悟を持って

サインを送っているのです。

 

 

男性からするとね、

 

 

そのサイン

いつ送ってた?

 

 

ぐらいだったりもする。

 

 

男性って

思考でできあがっていますから

 

 

悲しいことに

思考が理解できる「 言葉 」

を持って伝えないと

理解できない生き物なんです。

 

 

ニュアンスで伝える女性

言葉で認識する男性

 

 

この相違が

なんとも切なく映る世界なんですね。

 

 

でもね、

 

 

そういう世界だからこそ

 

 

「 愛を知る 」

という意味では

最高に魂の成長をさせてもらえるところ

なのかもしれません。

 

 

ただ、

その成長を一気に妨げるものが

男性( 男性性 )の思考。

 

 

女性の覚悟が

どれほどのものかも知らず

 

 

女性の理想を

一気に萎えさせる返答。

 

 

「 疲れているから寝かして 」

 

 

一生のうちに

何回誘うかもわからない気持ちで

勇気を振り絞って誘っても

結局こんな心無い断られ方…

 

 

女性にとっては

男性には決してわからない

この上ない屈辱です。

 

 

男性にとってはこれぐらいのこと…

 

 

であってもね、

 

 

女性にとっては

心を超えて魂にまで傷がつくほどの

一生許すことができないくらいの

痛みになる。

 

 

この深い深い悲しみが

一瞬にして

憎悪に変わってしまうのです。

 

 

するとね、

 

 

ここからが

復讐劇の始まり。

 

 

女性としてみてくれないのなら

扱いはシェアハウスで一緒に住んでいる同居人。

 

 

洗濯物、食事、掃除

自分のことは自分でやりましょう。

 

 

家に帰ると

 

 

夫のものだけ畳まれていない洗濯物

夫の分だけ用意されていない食事

夫の部屋だけ掃除しない

 

・・・

 

 

明らかに

変化がみられるようになる。

 

 

これが何日も続けば

さすがに以前と違う様子に

伺いを立てるように

夫が奥さんに話しかける。

 

 

夫 「 なんかあった?俺なんか悪いことした? 」

 

妻 「 何もないよ 」

 

 

何事もなかったように答えるが

この聞かれた質問により

さらにヒートアップ。

 

 

こいつ

なんもわかっていないな。

 

 

最終的には

同じ想いになってくれないと

気が済まない。

 

 

夫からのセッ クスも断る。

 

 

いろんな理由で断る。

 

  

風俗で済ましてきたら?

って言ってみる。

 

 

もう私に触れるな

お金だけ家に入れてくれたらいい

子どもたちには良い父親でいろよ

 

 

こんな想いに

させてしまっていたとしたら

 

 

もう、夫婦関係の修復は

難しいかもしれません…。

 

 

夫が家事や育児を

必死に頑張るアピールをしても

 

 

妻の心を動かすのは

もはや困難。

 

 

女性はね、

ほんとは

 

 

母親の部分を

わかってもらいたいんじゃない。

 

 

女性の部分を

わかって

癒してもらいたいんです。

 

 

男性は

こんな切なく純粋な女性の想いを

まったく知ろうともしていない。 

 

 

男性( 夫 )が何も理解せずに

女性( 妻 )からの

セッ クスのお誘いを断る

ということは

 

 

女性の理想を覆し

恥をかかせ

 

 

男性化させ

般若にまでさせてしまう。

 

 

女性はね、

 

 

その深い悲しみを

もう二度と感じないように

魂の奥にしまいこみ

もう二度と思い出さないように

必死で他のもので埋め合わせようとします。

 

 

ビジネス( 男性化 )や子育て( 母親 )

 

 

これに没頭することで

自分の女性である部分を

とことんしまいこんでしまう。

 

 

しまい込めばしまい込むほど

 

 

癒えない感情として

溜まり積もったものは

 

 

「 念 」

となり

 

 

そのたくさんの女性の念は

 

 

集合想念( 集合意識 )として

世界中に渦巻いていき

 

 

それが現象化して

 

 

いわゆる「 闇( 悪魔 )の団体( 組織 )」

をも生んでしまっているのです。

 

 

ただ純粋に愛されたい女性

 

 

なのに、

 

 

性欲処理だけの道具として使われる屈辱

 

「 本来の性 」を誤解した扱われ方

 

与えられたい性愛を

パートナーに伝えることもできない悲しみ

 

女性が求める愛を感じられないセッ クス

 

 

女性はね、

 

 

身体のひとつひとつの細胞に至るまで

男性の愛を感じたいものなのです。

 

 

そのために

どんな女性でも

本来は

全身で感じられるようにつくられている。

 

 

心と魂にまで響くように

つくられてる。

 

 

現代の男性本位のセックスは

苦痛なのです。

 

 

でも社会現象で

もはやこれが苦痛かどうかも

わからなくなってしまっていたりする方もいる。

 

 

意を決して

「 性 」のことを伝えようとしても

 

 

めんどくだがられたり

話から逃げられたり

しまいには痴女扱い…

 

 

女性って本当に大変です。

 

 

出産後は、母親の姿を見せなければならない

女っ気のない姿も見せなければならない

 

 

それでもね、

育児が落ち着いたらまた女性に戻って

とパートナーとの

セッ クスを期待してみる・・・

 

 

それなのに

 

 

・・・

 

 

悔しくて悲しくて

一人で泣いた方

たくさんいらっしゃるのではないでしょうか。

 

 

そんなあなたは何も悪くない。

 

 

女性として何一つ劣っているわけではない。

 

 

そんな風に

自分を責めて

一人我慢して

諦めて

 

 

心を閉ざさないで。

 

 

これから

どんどん男性が本当のことを知って

ちゃんと目覚めていくから。

 

 

大丈夫だよ

 

 

って伝えたいな。

 

 

うちの奥さんはそんなことないな〜

もともと性に淡白だし〜

 

 

これも要注意です。

 

 

日本女性はとても優しくて

気を遣うのが得意だから。

 

 

私が我慢すればいいこと

あるいは

何らかのトラウマから

 

 

本来の「 自分の性 」を

置き去りにしてしまっている方も

少なくないのです。

 

 

この世界で渦巻いているものは

女性の感情です。

 

 

怒りとも言えない

恨みとも取れるもの。

 

 

 元をたどれば

深い深い悲しみ

なのです。

 

 

夫婦に限らず

男性は女性を識る努力と

愛するという努力が必要

です。

 

 

識る努力とは、

女性がイマジネーションしたことを

女性の立場に立って

認識することです。

 

 

愛する努力とは、

その女性がイマジネーションしたことを

ありのまま叶えてあげる

クリエイトすることです。

 

 

識るためには

どんなことでも

会話をすること。

 

 

どんな話も

自分の立場は考えず

大きな気持ちで聴くことです。

 

 

そんな僕も偉そうなことは言えません。

 

 

過去にこれらすべてを経験していますから。

 

 

もちろん僕は傷つけた側。

 

 

アスペルガーでADHDを併発している者としては

さらにパートナーを何倍も傷つけたかもしれません。

 

 

そんな僕でも諦めず

認識する努力はしてきました。

 

 

長い時間はかかりましたが

人の感情を理解するのが乏しかったこの僕でも

 

 

認識の努力は

すればするほど

女性の感情というものが

理解できるようになっていきました。

 

 

男性ができる実践。 

 

 

それはやはり

自分のことを

逃げずに真正面から理解すること。

 

 

相手は僕の何に対しイライラしているのか

なぜ僕は話を聞いていなかったのか

今どんな理由で仕事をしているのか

 

などなどね

 

 

自分の感情を探れば探るほど

自分の「 癖 」

というものが見えてくるようになる。

 

 

この感情でこういう行動をとった

この感情でこういう発言をした

 

 

どこまでもどこまでも

自分の内面を探ることで

 

 

相手の感情も理解することが

できるようになるのです。

 

 

一生を共にしたい女性の為にも

そして

この地球を次世代に心地よく繋いでいくためにも

 

 

男性として生まれた方は

愛する努力

これをしていきたいですね^^

 

 

そんな男性の姿勢こそが

 

 

女性のイマジネーションの豊かさ

これからの地球の豊かさ

に繋がっていくのではないでしょうか^^

 

 

 

 

 

私の人生を取り戻したい!

私の人生を大逆転させたい!

そんな方はぜひ ♪

 

 

今までにない

究極のリーディング!

 

↓ ↓ ↓ ↓

 

■ 現在ご提供中の講座のご案内はこちら 

 

 
 LINE@のお友達追加
 お待ちしております♪

 友だち追加

 ※ うまくいかない方は @noe75761

検索してみてくださいね^^

 

Tsumugu( つむぐ )

角 一成( すみ かずなり )