究極のパートナーシップの法則

スピリチュアルと現実を掛け合わせた観点から、男女のパートナーシップ・教育・健康・食・心理の点と点を線で結び、現実に生かしていく方法をお伝えします。

【 実話 】実体験から得た主婦の気持ち

 

f:id:whiteplanet0403:20181124215924j:plain

 

 

こんにちは^^

 

 

世界のパートナーシップを循環に導く

角 一成です🌏✨

 

■   プロフィールはこちら

 

 

 

 

今回は

「 実体験から得た主婦の気持ち 」

をテーマに私たちの実話

書いていきたいと思います。

 

 

〝 イクメン  〟というワードは

死語になりつつも

いまだよく使われているようですが

 

 

今後流行らせたい言葉があるとしたら

こんなワードはどうでしょうか^^?

 

 

「 キクメン 」

 

 

とにかく女性の話を

親身になって

〝 聴く 〟〝 メンズ 〟

 

 

女性のことを心底理解しようと

努力しない男性が

あまりにも多いのが現状だから^^;

 

 

普段の生活において

オムツ替えや洗い物などを

手伝う男性って

〝 イクメン 〟扱いされますよね?

 

 

でもね、

 

 

よ〜く考えてみるとですよ?

 

 

女性がオムツ替えや家事をしても

特別扱いはされていない。

 

 

男性が家事・育児をすると

〝 イクメン 〟という

たいそうな言葉で

特別扱いされる。

 

 

朝から夜遅くまでストレスを抱えながら

自分のことに目を向ける暇も与えられず

家事・育児をすることって

外で働くよりも

よっぽど大変なことなのです。

 

 

休みの日だって

心からゆっくり過ごせません。

 

 

主婦の仕事って休みがない。

 

 

永遠にやることがありますから。

 

 

頭では

これを理解し始めている男性も

増えてきたかもしれません。

 

 

外で働いている方が大変だ

とか、

いまだに思っている男性も

いらっしゃるかもしれません。

 

 

男女のパートーナーシップにおいては

この心情を理解することって

とても大切なことです。

 

 

女性側の感情が

ありのままわからないにせよ

 

 

理解しようとする努力

 

 

これは必須です。

 

 

心的に休む時間もない

子どもについてのあれやこれ

お姑さんや周りの主婦たちとの関係

女性特有の感情と体調の付き合い方

 

などなど

 

 

女性の抱える

心と体のメンテナンス問題って

男性の何倍もあるのです。

 

 

パートナーの表情を毎日しっかりと観れば

本当は理解できるはず。

 

 

でも悲しいことに

その表情すら

観ることをしない男性が多い

これが現実。

 

 

そして近年

「 起業女子 」

のようなものが

世間で流行りだしたことで

 

 

「 女性が輝ける社会 」

こんな社会が勝手に決めたスローガンも

ほんとは女性にとってはいちいちストレス。

 

 

まるで女性が

最初から輝いていない前提であるかのよう。

 

 

そんなこんなで

近年の女性のSNSでは

 

 

焦る自分

取り残された自分

なんのために家事・育児をやっているんだろう

と自己嫌悪に陥る自分

私って必要とされているの?

私って愛されているの?

 

などなど

 

 

本当は不安でいっぱいな気持ちを

無理矢理覆い隠すかのような

こんなに輝いて稼いでますアピール合戦。

 

 

何か自分にとって役立つ記事がないかな?

って探しても

「 すべてあなたが決めた結果です 」

「 やるかやらないかだけ 」

とかなんとか…ね、

そう言われちゃう。

 

 

確かにね、

スピリチュアル的な話ですと

すべて自分がこれまでに信じたことで

思い込んだことで

今の現状ができあがっていますよ。

 

 

今の旦那や彼氏との関係性も

周りとの関係性も

今住んでいる家も

車も

お仕事も

収入も

子どもの現状も。

 

 

自分の内面世界の

女性性と男性性の関係性

 

 

これが今の現状を創っているのも

本当の話です。

 

 

でも心も体も大変な時って

支えてくれる

パートナーがいないとね、

 

 

「 それ、あなたの立場だからできたんでしょ? 」

「 それ、あなたの容姿やコネがあったから有名になったんでしょ? 」

 

 

そんな悪態をつきたくなる自分も出てきますよね?

 

 

この複雑な思いをどうにかしたいけど

でもこの現状どうにもできないのよ!!

 

 

 

 

 

 

その通り。

 

 

そうですよね、、

 

 

その人の立場になってみないとわからない

誰にも理解してもらえない

辛いことだってある。

 

 

だからこそ、

ほんとは

  

 

大きな存在になるのが

パートナーである男性

 

 

女性のこの不安な気持ちを

一つ一つ理解して

支えてあげるのもまた

本来の男性の役割なのですね。

 

 

 

ここで

私たちの実話を^^

 

 

私たち夫婦が

お互いの立場を心底理解するために

あえて立場を逆転し

生活してみた実験のお話。

 

 

一年半、表に出て働いた妻

うちに入り家事・育児などをした私

 

 

これ、本当に大きな経験となりました。

 

 

今は私が表に出て

妻はうちにいます。

 

 

が、今現在

妻は家事育児は一切していません。

 

 

これも実験^^

 

 

私がセッションのお仕事をしながら

家事・育児もしてみる。

 

 

なかなか大変です。

 

 

自分の時間なんてものは一切ありません。

1人になる時間ももちろんありません。

 

 

アスペルガー症候群と

ADHDを併発している私にとっては、

 

 

自分のペースが乱されたり

料理の段取りや工程を考えることというのは

非常に困難なことでもあります。

 

 

最初の頃は

料理に2時間くらいかかっていましたね^^;

 

 

ご飯を作っている途中で

子どもが

お絵描きしたものを

何度も何度も

「 見て見て〜 」

 

 

料理が進まないことに苛立つ私。

「 見てって何回も言うな! 」

と怒ってしまう自分も嫌になったりね。

 

 

洗い物をしている途中

子どもが

「 トイレ〜! 」と言い出し

洗い物は中断。

 

 

とにかく慣れるまでは

超ストレスでした。

 

 

その間、妻はというと

 

 

何も口を挟まず

あえて手伝うこともなく

じっとこらえていました。

 

 

ほんとはね、

 

 

妻の性格は

何でも自分でやってしまい

誰かの役に立つことばかりを優先

 

 

こんな感じですからね

最初の頃は手伝おうとしていました。

 

 

でも!

 

 

それでは意味がない!

究極のパートナーシップを

実体験とともにお伝えしていくには

反対側の立場をも

身を以て理解する必要がある!

 

 

妻は本来の女性の役割

「 気持ちよく受け取る 」を徹底

 

私は本来の男性の役割

「 気持ちよく与える 」を徹底

 

 

お互い

自分の真裏側にまで向き合うことを

覚悟を持って実験。

 

 

その実体験のお陰で

ほとんどの女性は

パートナーに対して

相当なストレスを抱えて過ごしているのだ

ということを

心底痛感させていただけました

 

 

「 自分を知る 」って 

とっても奥が深いのです。

 

 

表に出ている( 出している )自分だけを観ていても

それでは360°の自分はなかなかわからないもの。

 

 

様々な体験を通して

はじめて

様々な自分と

それを映し出している相手のことがわかるようになる。

 

 

相手の立場を理解しようとする努力

 

 

これからは

どんな立場の男性にも

これをおすすめしていきたいなと

思っています^^

 

 

私の人生を取り戻したい!

私の人生を大逆転させたい!

そんな方はぜひ ♪

 

 

今までにない

究極のリーディング!

 

↓ ↓ ↓ ↓

 

■ 現在ご提供中の講座のご案内はこちら 

 

 
 LINE@のお友達追加
 お待ちしております♪

 友だち追加

 ※ うまくいかない方は @noe75761

検索してみてくださいね^^

 

Tsumugu( つむぐ )

角 一成( すみ かずなり )